尺六京型胴長(二)塗、箔、組立

01DSC_5492

布着せした場合、表面を平坦にするために砥の粉下地もヘラ付けと研ぎを繰り返し、やや厚め。

02DSC_5498

中塗り、研ぎ。

03DSC_5593

上塗り、箔押し。

04DSC_5589

塗り仏壇はとにかく細かい部分まで塗り、箔押すので、出来上がると素地が何だったかは次に分解するまでわからない。

05DSC_5598

組立。壁三面を仮固定して、下から順に。

06DSC_5601 07DSC_5604

最後に戸の取り付け。金具に合わせ、カンヌキ部分を刳る。

08DSC_5619 10DSC_5607 09DSC_5620

出来上がり。
仏壇には、塗り・箔押しの他に、木地、彫刻、宮殿、蒔絵、金具、と専門職人が関わります。仏壇は基本様式に変化はないのでパッと見どれも同じように見えますが、今回のように仏間に合わせて作る場合、細部に各専門職人の経験と知識が発揮されます(ゆえに細かい設計図は存在しない)。次代の職人が分解し塗り替えたり煤抜きをしたりする時のことを思いながら。

(当サイトの仕事写真は、お客様に確認がとれた物件のみ掲載しています。転載転用禁止)

長栄寺 / 欄間 / 彩色 / 仏壇 / 金箔 / 箔押し / 本願寺派 / 塗替え / / 大谷派 / デザイン / 彫刻 / 洗濯 / 組立 / 下地 / 木地 / 社寺 / 堂造 / 三方開き / 金継ぎ /
© KOJI KOMIYA.